チーム医療で協力し合う存在

看護師とは、看護を専門とする学校へ通って医療知識や技術を身につけ、医療的なケアや日常的なケアなどを担当する職種です。手術の助手・注射を打つことや薬剤の管理など、人の体や命へ直結する業務もあります。また、入院中の患者の日常的なケアや退院後の支援なども、仕事の一環です。看護師の仕事内容は、就職先によってもかなり違いがみられます。
介護士とは、看護師のように注射などの医療行為を行うことはできません。しかし、認知症の知識やケアに優れており、日常生活の介助を得意としてます。社会人になっても、実務経験や研修・試験などで資格を取得しやすいため、無資格から介護の仕事をはじめる人も多くいるようです。
近年、チーム医療という考え方が浸透してきました。病院では、一人の患者に対して診断・治療・ケア・リハビリテーション・食事・生活などのアドバイスを行います。それについてさまざまな職種が話し合い、アプローチしていくことが主流となったのです。それゆえ、どちらの職種も病院にも介護施設にも必置といえるでしょう。直接患者へ関わる職業として患者の観察を欠かさず、チーム内に報告しあうことが重要です。それにより、看護師・介護士両方からみた評価や話し合いをすることができます。また、職場によってはお互いの知識を広めるため、学習会や研修を行うこともあるようです。
この2つの職種は、チーム医療の中でも近い存在です。お互いの役割を認め合って知識や経験を積み、切磋琢磨できる間柄といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です