介護の分野で必要とされる看護師

医療機関における看護師の役割は、広く知られています。もちろん、医療機関といってもどの分野で働いているかによって、その役割は異なります。また、求められるスキルや知識も変わってくるでしょう。しかし、介護の分野においても同じように、看護師の存在は重宝されているのです。
例えば特別養護老人ホームの場合、都道府県に運営が任されていて看護師の配置数が定められています。民間の有料老人ホームの場合も同様で、定数が定められています。さらに、最近は訪問介護サービスが増加しており、ここでもその看護師が求められているのです。看護師は、これらの職場について内容を把握することも必要ではないでしょうか。
看護師が介護の分野で働く場合、いくつかのメリットとデメリットがあるといわれています。メリットとして真っ先に挙げられるのは、勤務体制です。特別養護老人ホームや民間の有料老人ホームあるいは訪問看護であれば、基本的な勤務時間は平日の昼間を条件にしているところが多くあります。つまり、医療機関に比べて夜勤は少なく、土日祝日は休める可能性が高いということです。子育てが一段落ついた後に復職する職場として、適しているといえます。介護の分野で働く場合もオンコールのようなものがありますが、実際には提携病院に任せることが多いようです。そのため、夜間の対応はほとんどなく、家庭を持つ人にとっては有利な職場となります。
ただし、介護の分野での仕事内容は、服薬の管理や健康相談などがメインです。よって、スキルをアップをするのが難しく、病院に再び転職する際は、キャリアの面で不利になるかもしれません。また、職場によって労働条件が大きく異なるということも、事前によく確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です